2013年12月31日火曜日

本年はありがとう御座いました

この一年もこのような駄ブログを見て頂き、本当にありがとうございますm(__)m
色々更新も遅く、相変わらず見辛いと思いますが、コメントしてくださる方もいらっしゃり、恐悦至極で御座います( ̄^ ̄)ゞ

さて、今回は大洗磯前神社で行われた大祓式と除夜式に参加したので、ご紹介です

神社に到着したのが式の斎行される五分前!当然駐車場はいっぱいでした^_^;相も変わらず計画性皆無ですなヽ(´o`;

参道では初詣用の準備で忙しそうです

境内に入ると巫女さんから「形代(かたしろ)」と「切麻(きりぬさ:紙と麻を細かく切って混ぜた祓い具の一つ)」を頂きました

既に大勢の方が並んでいます

時間になると式が始まりました。最初に祝詞の奏上があり、その後に形代と切麻で身体を清め、形代を回収します。その後、何かをしていたのですが、思いっきり後ろのため大麻を振っているのがちらっと見えただけでした^_^;

その後、茅の輪くぐりの神事です

神職の方が担いでる唐櫃には何が入ってるんでしょうね?

三回茅の輪を参列者一同で潜って、大祓式は終了です

続いて拝殿に行き除夜式が行われ、祝詞奏上、玉串奉納、宮司さんのお話で終了という流れでした。宮司さんの話では神宮の遷宮と出雲大社の遷宮に触れ、常若の思想などについて話されていました
その後、徹饌が配られ、御神酒と酒粕を頂きました(^∇^)

ちなみに徹饌は生ワカメで、宮司さんから頂いた時に「わかめを食べて若返ってください」と言われており、此処に常若の話が繋がるかと、そしてダジャレかと、ちょっと面白かったです

この後再度参拝を済ませ、神社を後にし、神磯に行きました

神磯越しに見る、今年最後の夕暮れです

な、なんと、既に三脚だけ置いて、明日の初日の出のベストポジションを狙っている方がいるようです(゚o゚;;

さてさて、来年はもっと更新出来るようにと意気込んでも空回りしてしまいそうなので、自分のペースでやって来たいと思います( ´ ▽ ` )ノ

それでは皆様、良いお年を(≧∇≦)